7月イメージ
 


皆様こんにちは。

いやぁ〜暑いですねぇ。
大きなリュックを背に、短パン&Tシャツ姿の外国人旅行者が目立つようになりました。
蒸し暑い日も多いですが、「日本ならでは」を発見して楽しんでほしいものです。

風鈴・団扇・朝顔・かき氷・金魚・花火に浴衣・・・あらら、考えただけで涼しくなってきました。
日本の夏の風物詩、いいですねぇ。

さて、今月も、フュートレック・インバウンド事業とプロモーション事業の最前線をご紹介します。

 

浦川新社長誕生。

去る、6月23日、浦川康孝が新社長に就任しました。
新体制においても、インバウンドをひとつのキーワードとして、「多言語ガイドシステム U・feel」と「音えんぴつ」などインバウンド商材の拡販を進めていきます。
浦川新社長の下、皆様へのさらなるサービスの向上に努めてまいります。

浦川新社長誕生・・・

 

▲ページトップへ

民泊ビジネスのお手伝いは「音えんぴつ」にお任せ!

もともとは旅行中のホームステイを意味する「民泊」ですが、
最近ではネットを通じて個人宅などの部屋を貸し出すビジネスとなっています。

様々な国のお客様を迎えますので、細かなルール説明などは多言語での対応が求められます。
そこで、今回は「音えんぴつ」の民泊用サンプルをご紹介いたします♪

民泊ビジネスのお手伝いは「音えんぴつ」にお任せ!

「音えんぴつ」の特性を活かし、「ハウスルール」や「機器の使い方」、「宿泊先周辺の案内」など多言語での説明に対応しております!
ペンでタッチするだけの簡単操作なので、どなたでも使用できます♪
民泊ビジネスのお手伝いは「音えんぴつ」にお任せくださいませ!

民泊ビジネスのお手伝いは「音えんぴつ」にお任せ!


 

▲ページトップへ

「アテンド支援タブレット」で、工場見学やショールームの展示説明をよりスマートに!

工場見学やショールームで、製品紹介や展示の解説をおこなうアテンド業務は、説明される方の経験や能力によって内容にバラつきが生まれがちです。

このシステムは、タブレットでスタッフのアテンド業務をサポートすることで、個人の説明内容のバラつきをなくし、映像やスライドを交えて、よりわかりやすいアテンドを実現します。

アテンドスタッフは、アテンド用タブレットを持参し、お客様には解説タブレットを渡します。
(人数分、もしくは2~3人のグループに1台)
アテンドタブレットにはお客様へ説明する順番や解説シナリオが表示され、説明にあわせてスライドや動画を切り替えると、お客様の解説端末に一斉に配信されます。
もちろん、言語を切り替えることで多言語にも対応可能です。

「アテンド支援タブレット」で、工場見学やショールームの展示説明をよりスマートに!

最後にアンケートに切り替えることで、お客様全員の端末にアンケートが表示され、展示の感想や評価をデータで残せます。

既存のシステムや展示内容を大きく変えることなく、タブレット内のコンテンツで完結できるため、導入時の影響範囲が少なく済むのもメリットです。

これからの秋の展示会シーズンに向けて、また既存の展示をよりわかりやすくするためのおもてなしツールとして、ぜひご検討ください!

 

▲ページトップへ

地方創生もフュートレックにおまかせください!!

「インバウンド」と並んで、観光業界で注目されているワード「地方創生」ですが、皆様何か取り組んでいますでしょうか。 フュートレックでは地方創生でも皆様のお役に立てるよう活動しております。

6月29日に大阪にて開催された「第1回 インバウンド・観光・オープンイノベーションフォーラム」地方創生活動をサポートする一員としてプレゼンテーターとして参加いたしました。

関西の自治体様やインバウンド・地方創生などに取り組む企業様と活発な意見交換を行い、大変有意義なイベントとなりました。

フュートレックはインバウンドだけでなく観光に携わる皆様の課題解決を全力でサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。

地方創生もフュートレックにご期待ください!!

 

▲ページトップへ