9月イメージ
 


皆様こんにちは。

この夏の激暑で減った体重を戻すぞぉ〜っ!
エッ!そうです、戻し過ぎないようには気を付けましょう。 \(*´▽`*)/

松茸、栗、柿、さつま芋、秋刀魚、ウナギ、鮭、カツオ・・・山からも海からも食の幸がイッパイです。
最近では、外国人観光客の人気日本食には、ラーメンとカレーライスが上位に選ばれるとか・・・。
外国人観光客のみなさんには、ぜひとも日本の旬を味わっていただきたいですね。

さて、今月も、フュートレック・インバウンド事業とプロモーション事業の最前線をご紹介します。

 

インバウンド・観光ビジネス総合展で「携帯型多言語ガイドシステム」展示!

9月21日(木)〜23日(土)にビッグサイトで開催された「ツーリズムEXPOジャパン インバウンド・観光ビジネス総合展」に、多言語ガイドシステム”U・feel”のパートナー企業エアサーブ様が出展されました。
特に、下車観光を目的に開発された「携帯型多言語ガイドシステム」の最新バージョンを展示されました。

携帯型多言語ガイドシステム:https://travelearphone.jp/tagengo/ (外部サイトへリンク 別ウィンドウで開きます。)

会場では、実機のデモンストレーションも行われ盛況を博していました。
多言語ガイドシステム”U・feel”の技術をご利用いただくビジネスがドンドン広がっています。

インバウンド・観光ビジネス総合展で「携帯型多言語ガイドシステム」展示! インバウンド・観光ビジネス総合展で「携帯型多言語ガイドシステム」展示!
 

▲ページトップへ

こんな使い方もできちゃう!「音えんぴつ」応用編

今回は、可能性がグーンと広がる「音えんぴつ」使用法のご提案です。
紹介させていただくのは、【知育用のワールドマップ】です!
ペンでタッチするだけの簡単操作は知育の場面にもぴったりなんですよ♪

こちらのワールドマップ、組み立て式で約120cm×90cmのビッグサイズ!
ポリウレタン製のふかふかマットでできています。
音えんぴつは異素材にも使用可能なんです!使えるのは紙だけじゃないんですね〜。

もちろん多言語に対応していますので英語と日本語を交互に聞くことも可能です。
言語だけではなくイラストにタッチすれば動物の鳴き声や波の音なども流れるので楽しく学べますし、
大きなマットの上での操作は、紙媒体とは違った楽しさと自由がありますね♪

アイデア次第でいろいろな使い方ができる音えんぴつ!
これからも様々な使用法をご紹介していきます♪お楽しみに!

 

▲ページトップへ

みんなで!楽しく!学べる!テーブル型システム

今回は、ここ最近納入しました複数人で情報を共有できる展示システムのご紹介です。
友達や家族とみんなでコミュニケーションしながら体験できるテーブル型システムです。

■タッチモニターを4面レイアウトしたテーブル型システム

通常は4面のモニターがそれぞれに情報検索端末として動作しますが、クイズモードになると4面のモニターが連動し参加者を募集して早押し対戦式となり複数人で体験できるモードになります。

■マルチタッチモニター1面のテーブル型システム

1〜4人まで参加可能で、虫食いキーワードを完成させるパズル式ゲーム。1ステージ5問を出題して正解数により結果の演出が変わります。

みんなで!楽しく!学べる!展示システムはいかがでしょうか。ご要望に合わせてご提案させていただきます。

 

▲ページトップへ

豪華客船「飛鳥U」航跡表示システムのご紹介!

AIS(自動船舶識別装置)と連携し、自船の位置や周囲の船舶や島々などを客室モニタに表示しています。
飛鳥Uの航跡表示システムのメンテナンスを行ったのですが、なんと客室モニタには、強大なハートマークが! 直径20kmくらいありそうです。 きっともしかしたら、世界で一番大きなハートマークですね!

来年は世界一周クルーズも再開されるとのこと、非常に楽しみです♪
皆様も、機会があれば「飛鳥U」にぜひご乗船ください。

 

▲ページトップへ

ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili」(イリー)

秋は日本の食や紅葉を楽しみに来る訪日旅行者の方が多くなる時期ですね。
旅先で日本人とコミュニケーションをとり、より一層旅を楽しみたい旅行者の方も多いと思います。
そんなときに活躍するのが、パートナーであるログバー社様が開発したウェアラブル音声翻訳デバイス「ili」(イリー)です。今月より、1次代理店として取り扱いを開始しました。(音声認識と機械翻訳の技術は、当社がライセンスしています。)

「ili」は、旅行シーンのワンフレーズ会話に特化した翻訳機で、最速0.2秒で英語や中国語に翻訳し、デバイスから翻訳された音声がながれるといった優れものです。もちろん英語から日本語、中国語から日本語にも対応しています。(1台につき1言語1方向です。)
「ili」の特長は、ネットワーク環境が一切不要なので、電波の届かない場所でもご利用頂けることです。

お店や施設のスタッフの強い味方になることはもちろん、ツアーのオプションや観光バスの下車観光などで外国人の方に貸し出すことで旅の付加価値を付けることも可能です。

今後インバウンドの受け入れを強化したい、他社とのサービスの差別化を図りたいなどのご要望がございましたら是非お問い合わせください。

 

▲ページトップへ

近畿日本ツーリスト様とフュートレックが共同開発!

こちらは、ネットワーク接続が必要ですが、比較的長い文章でも連続で音声翻訳ができます。ホテルや旅館の従業員の方が接客シーンで利用することを想定しています。会話は宿泊や食事、観光、買い物等のシーンを想定した接客会話にフォーカスされており、2015年9月より近畿日本ツーリスト様とフュートレックでホテル・旅館での実証実験を重ね、今月より販売を開始しました。

近畿日本ツーリスト様とフュートレックが共同開発!

旅行会話に特化!(違和感のない翻訳)
→宿泊・食事・観光・買物等、旅行シーンを想定した会話にフォーカス。

専門用語の追加が可能
→施設名やショップ名など使用頻度の高い固有名詞を自由に追加できます。

親しみやすいヒト型ロボット(エンタメ性・インタラクティブ性UP)
→人の顔を認識すると身振り手振りを交え話しかけるロボットが、訪日客との会話を音声翻訳。

双方向翻訳・逆翻訳が可能(誤訳されていないか目で確認)
→日本語⇔外国語の双方向の翻訳が可能。
また、正しく翻訳されたかどうか、タブレット画面を通じて確認可能。

実証実験済み(観光シーンに特化)
→2015年から近鉄グループホテルでの実験を重ねチューンアップしました。

いかがでしょうか?訪日外国人客に対するお悩み解決をお助けします!・・・まずはお気軽にお問い合せください。

■インバウンド・観光ビジネス総合展での写真

 

▲ページトップへ