3月イメージ
 


皆様こんにちは。
暖かい日差しが気持ちよい季節になりました。
いよいよ春・・海外からのお客さま美しい日本の桜を楽しみにしています。
今月も、フュートレック・インバウンド事業とプロモーション事業の最前線をご紹介します。

 

「多言語ガイドシステム」”U・feel”がWBSで取材されました。

「多言語ガイドシステム」”U・feel”テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)で放送されました。 「出とったがねぇ!」「誰かと思うたわ。」など、核心に触れないリアクションをたくさんいただきありがとうございました。ヾ(~O~;)
「3月6日(月)夜11時からと、夜遅くの放送でしたが、きっと多くの人がご覧になっているのでしょうね。
お取引先のみなさんから「見た見た!」とのご連絡をいただいたり、"U・feel"の資料ご請求をいただいたりしました(感謝!。
”U・feel”のデモは、いつでもご覧いただけます。ご一報下さい。
本放送のWBS情報: http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_127826/


wbs

 
 

▲ページトップへ

”U・feel”を使った下車観光の実用実験が行われました。

”U・feel Wireless"を車外で使うと、多言語の下車観光ができるんじゃないか・・・
そんな考えから実証実験が行われました。
弊社の技術提供により、エアサーブ社(阪急交通社グループ)が実際に観光客34名を多言語でご案内し、浅草仲見世を楽しんでいただきました。
実用化の目途も立ち、近日中に下車観光専用システムとしてご案内できそうです。ご期待ください。

下車観光の実用実験

 

▲ページトップへ

「音えんぴつ」で動物の鳴き声が聞けます。

「音えんぴつ」”よこはま動物園ズーラシア”でご採用いただいていおり、¥500で園内マップと一緒にレンタルできます。
動物の情報はもちろんですが、普段あまり聞くことができない動物の鳴き声を聞くことができます。
「音えんぴつ」を使った楽しいクイズもありますよ!!
よこはま動物園ズーラシアへ行かれた時は、ぜひともご利用くださいね。

よこはま動物園ズーラシア

 

▲ページトップへ

「清明節×桜」の時期、中華圏訪日客200万人!?

春節が終わって一息つく間もなく、中華圏プロモーションチームは現在、桜の時期に向けたプロモーション展開に対応中。その中で3月13日に飛び込んできた、中国メディアによる、「中国花見訪日客、昨年同時期比較150%。200万人に達する?」のニュース。※2017年03月09日 中国新聞網(ソース:北京晩報)
私たちの力だけでは(当然)ありませんが本当であれば、嬉しいやら、嬉しいやら、です。
そして受け入れに困ったら、「U・feel」や「音えんぴつ」の出番!
インバウンド市場における誘客から受け入れまで、どうぞお気軽にお問い合わせください!

桜の木

 

▲ページトップへ

近接モーションセンサーを使った展示システムはいかがですか!

モーションセンサーにもいろいろな仕様があります。
スクリーンやディスプレイから0.8〜4m程度離れたところを感知するモーションセンサーでは、全身を使ったアクションが特徴のインターフェースとして使えます。近距離センサーは、センシング距離が0.15〜1mであるため、近接が特徴のモーションインターフェースです。

FueTrekでは、それぞれの特徴を活かしたモーションセンサーシステムのご提案をさせていただいております。

どちらのセンサーもエンターテインメント性があるため、楽しみながらコンテンツを訴求することができるシステムです。

たとえば、近接センサーでは、目の前の画面に触れずに手の動きでパズルゲームをしたり、指の向きで画面をスクロールさせたりと、アイデア次第でとても楽しいコンテンツを提供することができます。

モーションセンサーを使った楽しい展示はいかがでしょうか。
お気軽にお問い合わせください。

 

▲ページトップへ